女なのに鼠径ヘルニアになった件【追記】退院後:やってはいけないこと・完治までの期間・手術痕に関して

女なのに鼠径ヘルニアになった件 まとめページへ

スポンサーリンク

療養中やってはいけないこと

雑な生活をしているので無意識に傷に悪いことしていたらどうしようと怖くて聞きました。笑
結論としては

・全力疾走
・腹筋
・お腹に圧力がかかること

をしてはいけないそうです。


「あの……退院後、してはいけないことってありますか?腹筋とか……」

先生「腹筋wそうですね、腹筋はしばらくやめてほしいかな」


我ながら大馬鹿な質問だと思いましたが、腹筋が日課だったので気になりました。
とにかくお腹に圧力がかかると、傷が開いたり、最悪穴を塞いだメッシュが剥がれてしまって、再発になってしまうそうです。
正直言って二度と同じ手術を受けたくないし集中治療室もごめんなので、再発だけは避けたいところでした。

完治までの期間は?

最低でも1週間、できれば1ヶ月はお腹に負担がかからないようにします。
そのくらい経つと糸が身体に吸収されるので、晴れて完治となります。

筆者の場合はその少し前、退院後3週間くらいに外来で受診してくださいと言われましたが、その際経過が順調だったため「もう大丈夫」のお墨付きをいただきました。

手術痕はどれくらい残る?

術後すぐの時は酷かった凹みも引き攣り感も無くなり、糸も吸収され、今は5センチ程度の一本の線が肌の上にぴっと引かれている状態です。
切り口が非常に綺麗なので、時間と共にもっと薄くなるのだろうな~とは思いますが、痕自体は残ると思います。
身体に傷をつけたくないという方は腹腔鏡での手術をした方がいいかもしれませんね。先生方もそこはかとなーい感じで女性に対しては腹腔鏡手術を勧めているようです。


一方筆者は「原田左之助やん!※」と一人はしゃいでました。(どうしようもない……)

※切腹痕が自慢の新選組隊士


女なのに鼠径ヘルニアになった件 まとめページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク