女なのに鼠径ヘルニアになった件⑦申請できる各種補助金編

女なのに鼠径ヘルニアになった件 まとめページへ

これまでのあらすじ
・ヘルニアの手術をしたよ!
・それなりの入院費がかかったよ!
・お金どうしよう

……ということで、財布への打撃を少しでも減らすために、各種補助金や保険の申請に奔走しました。

スポンサーリンク

病気で入院・手術をした際に受け取ることができる補助金の一例

以下、筆者が受け取ることができた(受け取らなかったものも含む)各種手当ての一覧です。

強制保険(国民健康保険など)

何もしなくても、窓口で保険証を提示するだけで自己負担額が3割になるというもの。

また、私の場合はたまたま会社で入れてもらっていた保険組合が優秀で、自己負担額が2万円を超えた場合に自動的に差額を給付してくれる「付加給付」を利用することができました。

ただ、雇用形態の違いなど、万人が享受できるものではないと思うので、あまり参考にはならないかもしれません。

高額療養費制度に関して

たとえば数十万円~数百万円などの高額な自己負担が発生してしまった場合、所得によって定められた限度額以上の負担金の差額が払い戻される制度です。

が、この方法だと、払い戻されるまでの期間その大金を一定期間建て替えなければならなくなるので、事前に「限度額適用認定証」を入手しておくことをおすすめします。
この認定証を病院の窓口に提出すると、限度額以上を請求されることはありません。(食費や差額ベッド代などその他の付加料金は除く)

任意保険(民間の保険)

本当に、本当に悪いこと言わないので入っておいた方が良いです。
私はコープ共済に入っていたのですが、利用する日がこんなに早く来るとは思っていませんでした。
万が一はいつ来るかわかりません。

各会社・プランによって違いがあるとは思いますが、入院一日につき〇千円~1万円の補償と、手術1回につき〇万円という補償でした。大変助かりました。

申請の仕方

各会社・プランによってry
筆者の場合は

①まず保険会社に電話する
②入院・手術をすることを伝える
③保険会社から書類が送られてくる
④自分で記入できるものは記入
⑤退院する際に保険会社の診断書を病院に提出し、記入してもらう
 (1通につき5000円ほどかかる)
⑥書類が揃ったら保険会社に返送する
⑦振り込まれる


という感じでした。
この間、最短で見積もったとしても3週間かそれ以上はかかります。
手続きはお早めに。

繰り返しになりますが、民間の保険まだ入ってないや~という方は、本当に何もないうちに入っておくことをおすすめします……

傷病手当金

病気や怪我が原因で3日以上連続して仕事を休んだ時、4日目以降賃金が支払われなかった日1日あたりに支払われる手当です。
3日以上連続して仕事を休む場合、その3日間は公休日や祝日や有給休暇日でも構いません。(支給を申請する日は「賃金が支払われていないこと」が条件なので、有給を取得した場合は受け取ることができない、らしい……)

支給額:「傷病手当金の支給を始める日の属する月以前の直近の継続した12か月間の各月の標準報酬月額を平均した額の30分の1に相当する額の3分の2に相当する額」

……なんのこっちゃですよね。

つまり……、何も差し引かない給料の額を直近の12か月分平均して、それを30で割って、更に3分の2した額を×休んだ日数分貰えるということです。(多分……)

筆者は誤って休んだ日程全てに有給をぶち込んでしまったので申請しませんでした!
うわー!やらかした~!

女なのに鼠径ヘルニアになった件 まとめページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク