女なのに鼠径ヘルニアになった件④手術の準備〜手術当日編


女なのに鼠径ヘルニアになった件 まとめページへ


〜前回までのあらすじ〜
・ヘルニアになったので入院する(した)よ!

スポンサーリンク

手術の準備(入院前)

禁煙

タバコ愛好家の皆さん注目。
入院前数週間〜数ヶ月は禁煙を薦められます。
私は幸いにしてタバコはやっていませんでしたが、普段喫煙していると全身麻酔から醒めた際に痰が絡みやすくなって、それはそれは苦しむ傾向にあるそうです……
集中治療室で一晩ご一緒した患者さんがどうやら喫煙者だったのではないかと予想しているのですが、一晩中派手に苦しんでいて、聞いてるこっちがしんどくなりました。
禁煙は……素直にしておいた方が良いですよ……

ちなみに、痰が絡むと看護師さんが管型の器具で吸ってくれるのですが、喉の奥の方まで突っ込んでガビガビ吸うので結構苦しいです。

風邪をひかない

風邪をひいてしまうと手術ができなくなってしまうため、くれぐれも体調を崩さないように注意します。

予防接種を受けない

思わぬ悪影響が出ることもあるそうで、手術前後は予防接種の類は受けないようにします。
もし既にしている場合は漏れなく医師に相談しましょう。

常用薬の補充

市販の薬を買っているなら入院中その薬が切れないように補充、医療機関に処方された薬であるなら入院前に貰いに行きます。

手術の準備(前日)

手術部位と患部の毛を剃る

当然剃るだろうなぁと予想はしていたので大した衝撃もなく。
バリカンを差し出されたのはちょっと面白かったですが。笑
バリカンだけだと綺麗に仕上がらないので、剃刀を持参すると良いです。
何をやっているんだ私は……

ヘソの掃除

ヘソの掃除?へぇ〜くらいにしか思っていませんでした。
が、色々衝撃的でした。
看護師さんから受け取った綿球とオリーブオイルと綿棒でへそをぐりぐり掃除すると、汚い話びっくりするくらいゴミが出てきました
え、こんなに溜まる物なん??
自分でやってよかった。人にやってもらっていたらいたたまれなくて死んでしまうところだった。
でもあの取れっぷりは少し癖になるかもなぁ。

入浴

おそらく翌日、翌々日は入浴できないので、心残り(?)のないようにしましょう。

手術当日

手術着に着替える

手術当日は、朝起きて体調等問題なさそうだと判断されれば、いよいよ手術の準備に入ります。
これ着てくださいね〜と、手術着と、膝丈のタイツのようなものを配られます。
このタイツは血栓予防の効果があるらしいですが、キツくもなく適度なフィット感で絶妙な履き心地でした。
そういえば前日にふくらはぎのサイズ測られたわ……

飲食はできないため点滴を打つ

その日1日点滴がご飯です。手軽に仙人になった気分を味わえます。
筆者、点滴初体験でしたが、血管の探しやすさによって針を入れる場所が変わるということを初めて知りました。

血管が目立つ人→腕の内側
ややわかりにくい人→手の甲

腕だったら採血で刺され慣れていることもあり痛くないだろうと油断していたら、やはりわかりにくかったようで手の甲に刺されました。痛い!!!
結構長い針を刺されるので心配になりますが案外平気です。看護師さんいわく、沁みたり、刺した部分が膨らんできたりしなければ問題なしだそうです。




続く


女なのに鼠径ヘルニアになった件 まとめページへ


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク