【なんてこった】ビスマスをアルミ鍋で溶かして盛大に失敗した話【自宅で合金】

狛犬です。


ビスマスという金属の認知度ってどのくらいなのでしょうか?
ハンドメイドなどされてる方は「ああ、あれね」と思うかもしれません。


知らない方に説明すると、ビスマスとは

画像ソース:ウィキペディアhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%82%B9

こういう金属です。
ね、綺麗でしょ。


結晶の形が綺麗ですが、これは敢えてこの形に加工したものではなく、溶けて固まるときに自然にこの形になるのです。
そして特有の虹色はビスマス本来の色ではなく、酸化膜によるものだそうです。

この金属は融点が271度と低いため、言ってしまえば自宅での加工が可能です。
筆者は↑の写真のようなビスマスの結晶が作ってみたくてビスマスのチップをAmazonでぽちったのですが、ものの見事に失敗しました!!
その原因をこの記事で書いていこうと思います。
へへへ、というわけで今回は失敗記事です。


スポンサーリンク

加工手順

準備したもの

・鍋
・トング
・熱い物を乗せても平気そうな盆
・ビスマスチップ

この「鍋」がキーアイテムとなってくるのですが……詳しくは後で書きます。

ビスマスを入れた鍋を熱する

ビスマスチップはこんな感じ。見た目よりもかなり重たいです。

さて、早速ビスマスを溶かしたいのですが、どこで溶かしたら良いのでしょうか。
筆者は普通に台所のガスを使ってしまいましたが、もしかすると、あまりに高温になるとガスに引火する可能性があり若干危険?なのかもしれません。
ボンベタイプの小型コンロは本当に危険らしいのでやめましょう。
となると、電気コンロが最も適しているのでは?

完全に溶けるまで待つ

トングで突っつきつつ、ビスマスが溶けるのを待ちます。
この時間がものすごーーーーーく長かったです。

溶けてきた溶けてきた。

だいぶ液体になってきました!

結晶を取り出す

↑の後、完全に溶けたのでその状態で結晶をとりだそうと試みます。
どこに結晶が生成されているかわからない以上、勘だけが頼りです。
ここだと思ったところをトングで掴んで取り出します。
中々コツが必要らしく、最初の内は中々上手くいかないそうです。

例に漏れず、筆者も最初は上手くいきませんでした。
ですが、できなかったのならばもう一度溶かせばいい!

ちなみに一度溶かして、半分固まった時の鍋の様子。
ところどころで微小な結晶が生成されているのがわかります。
ただ、この時点で既に取り返しのつかないことになっていたんですよね……。

再度加熱。あれ?溶けない……

ここで異変に気付きます。
今度はいくら熱しても溶けないのです。
同じ金属だから溶けないはずはないのに……。

そして終ぞ溶けることなく、この日の実験は終了しました。
最終的な状態は↓のようになっていました。
結晶もほとんど無いし、色も銀色で、なんだか別の金属みたいになってます。

失敗の原因は「アルミの鍋」

失敗の原因をぐぐってみたところ、心当たりのあることが一点ありました。
「アルミの鍋」です。
ビスマスを溶かした鍋はおそらくビスマス専用鍋になってしまうことが予想されます。
高い鍋を使い捨てにするのもなんだか勿体ないなーと思い、百均のアルミ鍋を使用していました。


なぜアルミ鍋だと駄目なのでしょうか。
それは、「アルミニウムがビスマスに溶けだして、結晶性や発色が損なわれてしまうから」だそうです。
ということは、2度目に熱したときに溶けなかったのはアルミニウムと結合して融点が上がってしまっていたからだと考えました。

なんてこった……。
筆者のもったいない精神が仇となって、ビスマスチップ+鍋をまるっと無駄にしてしまった……。
そして正体不明の合金を作ってしまった……。


失敗したくなかったらケチらずにステンレス鍋を使いましょうね!



参考商品:

ビスマスチップ(純度:99.99%) 1kg
by カエレバ


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク