新大阪-品川間で「ぷらっとこだま」を利用してみた

狛犬です。


今回は、用事で大阪に行くついでに「ぷらっとこだま」なる物を利用してみました。
ぷらっとこだまとは、通常の新幹線の価格よりも格安で東海道新幹線を利用できるサービスです。

スポンサーリンク

通常時と「ぷらっとこだま」利用時の値段比較

どのくらい安いのかというと、以下の通り。
通常「こだま」を利用した時の自由席の片道の合計料金です。

東京・品川発の場合

静岡着

通常:6650円
ぷらっとこだま:4700円

浜松着

通常:8290円
ぷらっとこだま:6600円

名古屋着

通常:10880円
ぷらっとこだま:8300円

京都着

通常:13600円
ぷらっとこだま:10300円

新大阪着

通常:14140円
ぷらっとこだま:10500円

どうでしょう。20-30%は割安になっていますね。
これだけでべらぼうに安いということがおわかりいただけるはず。

ぷらっとこだま利用時の制約・注意点

もちろん利用には制約がいくつかあります。


・購入は前日まで(ネットでの予約は5日前まで)となっていること
・指定席であること
・利用列車が「こだま」に限定されること
・更に上記のこだまの中でも一部列車と区間に限定されること
・予約後の変更が不可であること


という点です。

実際に利用してみた感想

良いと思った点

とにかく安い

何よりもこれですよね。
新大阪-品川間だと約4000円も差が出るので、浮いたお金で余分にお土産を買ったり美味しいものを食べたりできます。

ドリンク引換券が地味にうれしい

乗車チケットと共にドリンク引換券なるものが送られてきました。
新幹線の停車駅のキヨスクで使えるもので、写真のようなステッカーが貼られている商品と引き換えることができます。

引き換え可のステッカーはこれ↑


こだまでは車内販売が無いためその代替ということですが、嬉しい心遣いでした。

窓際の座席を指定して予約できる

Webサイト経由で予約しましたが、窓際を指定することができます。
しかも、陸側か海側か選べます。
富士山の見える陸側は早々に埋まってしまっていましたが、選択肢があることが重要ですよね……。本当に旅行者向けのサービスなんだなと感じました。

イマイチとまではいかないけれど……という点

こだまは各駅停車であるため、時間がかかる

こだまは各駅停車なので、距離が遠くなればなるほど当然時間がかかります。
時間に余裕がない場合は選択肢から外れてしまう可能性もあります。
しかし逆に、新幹線の中で景色を楽しみながらのんびりしたいというのなら絶好の機会になるかと思います。

総合して

家族連れも多く、比較的賑やかな車内でした。
著者が利用したのは平日の夕方-夜の新大阪-品川区間という条件でしたが、座席は7割程度埋まっていました。
名前の通り、ぷらっとどこかに行きたい時に気軽に利用できるサービスであると思います。
公式サイトには「2019年9月30日まで毎日出発」と書いてありますが、いつまで続くんでしょう?
是非これからも続いてほしいな……。



JR東海ツアーズ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク