横浜港の大桟橋から拝む初日の出

狛犬です。

もうすぐ大晦日ですね。
大晦日は、お家で過ごす方も、外で何らかのイベントに興じながら年を越される方もいますよね。

かく言う狛犬は、「横浜の山下公園で年明けの汽笛を聴く」というのが大晦日のお気に入りの過ごし方でした。

みなとみらいでの年越しもまた乙なものでして、
赤レンガ倉庫で買い物をし、中華街で食べ歩き、
海を眺めながらカウントダウンをし、そして日付が変わると同時に一斉に鳴る汽笛を堪能した後は、中華街で鳴らされる爆竹を聞きつつ、新年の到来を噛みしめながら帰途に就く、という。


去年はそれに加えて「初日の出を見る」という新しい試みをしたのでした。

何だかんだ言いながら人生初の初日の出!
……あれ?人生初はおかしいかな?笑
人生初、昇ってくる瞬間を見た初日の出!

スポンサーリンク

横浜の初日の出スポット

横浜で初日の出が見れる場所といえば、

マリンタワー

ランドマークタワー

横浜港シンボルタワー

横浜港大さん橋

などが挙げられます。

この中で私が選んだのは「大さん橋」でした。
なぜならタワー系は混雑しそうだったから。
背が低い人間にとって、こういった時の人口密度は、見えるか見えないかにおいて死活問題になるのです……。

いざ大さん橋へ

元日の横浜の日の出時間は午前6時50分です。
それまで適当に時間を潰して、30分くらい前になったら大さん橋へと向かいます。(地元の人以外はホテルを取ることを強くお勧めします)


既に凄い人!正直舐めてた!


奇跡的にジャストで日の出が見ることのできる位置を確保でき、寒さに震えながら待ちます。
もう、ずっとカメラ構えてました。笑

混雑具合はこんな感じ。


まだかなまだかな。


6時50分
群衆から一斉に「おぉっ!」と声が上がります。ついでに拍手も。



見てください、これがご来光——!!

物理的には地球が始まって以来何億回も繰り返された、なんてことのない朝日なんですけど、やはりこちとら人間なので、1年の始まりの朝日というのは特別感がありますね。
不思議なものですねえ。神々しい。

体力があるうちに富士山の頂上で初日の出を見るチャレンジしたいなぁ……!

大さん橋へのアクセス

みなとみらい線、日本大通り駅が最寄駅です。
関内駅からも、少しかかりますが徒歩圏内です。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク