パリのメトロの切符の買い方

狛犬です!

タイトル通り、パリのメトロの切符の買い方について書こうと思います。そのまんまやね。

パリ市内の移動にはメトロがとても便利で、これにさえ乗れれば大体どこにでも行けます。
何が嬉しいかというと、ゾーン1と呼ばれるパリ市内の路線であれば、どこで乗ってどこで降りても1.9€均一(2018年10月現在)であるということ!

A線~E線までのRER高速鉄道と、1番~14番の通称メトロがありますが、システム的には大体一緒なので、なんとなくアルファベットの線と数字の線があるなぁ程度の認識で。

スポンサーリンク

チケットの買い方

まず、これが券売機。

券売機はタッチパネル式の新しいもの(写真に写っているのはタッチパネル)もあれば、ローラーとボタンで操作するおそらく旧式のものがありました。

パリのメトロに関して解説した動画を見つけたので、参照しながら説明します。

例はフランス語ですが、言語は英語にも変えられたと思いました。

例に挙がっているのはローラー式の券売機。
真ん中画面下のローラーで選択肢を選び、緑色のボタンはYES、赤いボタンはNOを表す。

今回はチケットを買いたいので、上の”Acheter des tickets”を選択し、緑のボタンを押します。
ちなみに下では”Navigo”のチャージができます。

買うチケットの種類を問われます。一番上が通常の乗車券です。
選択したら緑のボタンを押します。

次の画面では「買う枚数」を問われます。

レシートを出すか出さないかを選択します。

合計金額が表示されます。

左から順にクレジットカード、コイン、紙幣の投入口です。(タッチパネル式のものとはまた違います)
カードが使えるのは嬉しいですよね!

矢印の部分からチケットが出てきます。
お釣りがある場合はお釣りも忘れずに!

買えました!

チケットの種類

Ticket+の”single”  1回券。1.9€でゾーン1内ならどこでも行けます。わからなかったらとりあえずこれを買えばいい。

“Carnet” 10枚分で14.5€。使用期限はありません。
余談ですが、ルーヴルの最寄り駅で、券売機に長蛇の列が出来て中々買えなかったとき、親切なおじさんが並んでいる人たちに定価で乗車券を売ってくれたのですが、後でよく見たらこの”Carnet”券でした。笑
こちらとしては結果的に助かったので文句の言いようが無いのですが、所謂転売というやつです。なんだか釈然としない。いやwinwinなんだろうからいいけど!!www

“Mobilis” 一日乗車券。(ゾーン1・2の場合)7.3€

“Paris Visite” 交通機関乗り放題券。値段は期間によって違います。

“Navigo” 日本で言うところのSuica……と思いきや、1週間もしくは1か月メトロが乗り放題になるという優れものです。
ただし必ずしも1週間まるっと使えるわけではなく、また必ずしも当日に利用する分をチャージすることができるわけではないのも注意したい点。値段は(よく変わりますが)1週間用なら二十数€、一か月用なら七十数€。チャージは券売機で行います。
一度作ってしまえば10年使えるそうなので、またパリに来る予定がある人は作っておくと良いかも?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク