東京の地名の由来 その一(山手線:1.東京~10.駒込編)

狛犬です。

元々言葉の由来などを調べるのが好きなのですが、
特に地名は「どうしてそんな名前がついたのだろう?」と疑問に思うような名前がよく目につきます。
なんとなく想像がつくものから、さっぱりわからないものまで、地名ひとつ取っても現在に至るまでの物語が無数にあるわけです。

うーん、なんだかロマンがすごい。

由来がわかれば、その地を歩くだけでも少し楽しくなる……気がする!

ということで、ちゃちゃっと調べもの学習の時間です。
図書館に行く時間が無いので、暫定的にWikipedia先生+αがソースです。
そのうち時間ができたらきちんとした文献にもあたるので許して。

調べようと思いたったは良いものの、それこそ地名なんて無限に細分化できて、最終的には星の数ほど出てきてしまうであろうの事が簡単に予想できるので、
とりあえずは鉄道に沿って、駅名に使用されている地名を調べてみようと思います。
今日のところは山手線編です。

スポンサーリンク

1.東京

トップバッターは東京から。

江戸時代後半、佐藤信淵(さとうのぶひろ)という思想家が、
江戸を東京・大阪を西京とし、京都と合わせて三京体制となって日本の守りを強固にするべきだと書きました。

その後明治に入り、佐藤信淵の建てた構想に影響を受けた大久保利通が、江戸を東京と改名するようにと申し立てたことが改称の直接のきっかけとなったそうです。

単に京都から見て「東」京なだけかと思っていたら、西京もあったのは知りませんでした。
しかし佐藤氏は随分早い段階で世界を視野に入れていたんですねぇ……

尚、戦前まで東京府(現在で言うところの東京都)の下位区分として「東京市」が存在し、府庁が置かれていました。

2.神田

神社が運営資金を得るため所有する田が「神の田」、「神田」と呼ばれます。
東京の神田もここから来ています。

3.秋葉原

前提として、静岡県の秋葉山(あきはさん)の火防(ひぶせ※火災などを除けてくれること)の神を秋葉権現(あきはごんげん)と言います。
明治初期の大火後、現在の神田花岡町に防火用の空き地が置かれ、更にその地に紅葉山から鎮火三神が勧請されました。(後に松が谷に移され秋葉神社となります)
地域の人々は、招かれた鎮火の神を「秋葉さん」と呼び、火除けの空き地を「秋葉ノ原」「秋葉ッ原」と呼びました。
秋葉原駅がオープンして以降は「秋葉原」と呼ばれる地域が拡大して現在に至ります。

4.御徒町

騎乗が許されない下級武士がたくさん住んでいたことが由来です。
この地名は、全国の城下町に見られるとか。

5.上野

上野の由来には諸説あるそうです。

すなわち、

・地形が伊賀上野(三重県)に似ていたことから、藤堂高虎(とうどうたかとら)が名付けたとする説。
・小野篁(おののたかむら)が上野国(群馬県)から京へと帰る途中、暫くこの地に住んでいた時に、地元の人々が彼を「上野殿」と呼んだことが始まりであるとする説。
・昔は少し小高い土地になっており、隣接する「下谷」に対して「上野」と呼ばれた説。また、「上が野原になっている」ことから。

う~ん、どれもロマンがありますね。

参考URL:「上野」の地名の由来
https://folklore2017.com/timei100/216.htm

なるほど! 東京 地名の由来>上野
https://chimei.kkf.co.jp/archives/185

6.鶯谷

江戸時代、寛永寺の住職である公弁(こうべん)が「江戸の鶯はなまっている」と言って、
京都から鶯を運ばせてこの地域に鶯を放し、鶯の名所となったことに由来するそうです。

それはそうと、鶯が訛るってどういうこっちゃ?

7.日暮里

元々は「新堀」という地でしたが(その新堀が何から来ているのかは調査中)、
江戸時代、「一日中過ごしても飽きない里」という意味で「日暮里」という字があてられたそうです。
何をして一日中過ごしたのでしょうかねぇ。これも機会があったら調べたいですね。

ちなみに繊維街は大正時代に形成されました。

参考URL:日暮里繊維街とは
https://www.nippori-senigai.com/blank-3

8.西日暮里

「7.日暮里」に同じ。

9.田端

「田園の端」の村であったことが由来だとされています。
これは予想しやすい。

10.駒込

これも諸説あって、ヤマトタケルノミコトが味方の軍勢を見て「駒込みたり(馬がひしめいているという意味?)」と言った説、
「こまごまと入り組んでいる」ことからつけられた説などがあります。

どちらにせよ、なんとなく窮屈な感じがしますね。

そして私だけが気になる駒込ピペットとの関係性は、
ずばり駒込病院の院長さんが考案したことから「駒込ピペット」と名付けられたそうです。(コトバンクより)

ちなみに駒込ピペットとはこれのことです。
理科の実験でよく使うやつ。

参考URL:「本駒込」の地名の由来
https://zatsuneta.com/archives/001497.html

「高田馬場と駒場」ついでに「馬込と駒込」の地名由来
https://baba72885.exblog.jp/7154414/

さて、現在山手線を3分の1周したところですが、
地名の由来を調べるの予想通り楽しいな~!!

まだまだ続きます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク