世界最大級の水槽に泳ぐジンベエザメ!沖縄美ら海水族館

美ら海水族館

こんにちは、こまいぬです。今日は沖縄の美ら海水族館についてのお話です。

美ら海水族館は沖縄北部の本部町、海洋博公園内に位置しています。
沖縄で最も有名な観光地のひとつで、訪れた観光客がほぼ間違いなく行きたい場所にリストアップする場所でもあります。
修学旅行ではもはや定番コースになっていますね!

その名に恥じず、美ら海水族館は「行ってよかった!」と心から思える素晴らしい場所です。
そんな美ら海水族館ですが、実はギネスブックに載るほど凄い施設だったって、知っていましたか?

スポンサーリンク

世界最大級の超巨大水槽

美ら海水族館の水槽

まず、美ら海水族館の代名詞ともなりうる、世界最大級の巨大水槽「黒潮の海」です。

水槽のサイズは深さ10m、縦35m、横27m
展示窓用のアクリルパネルのサイズは 高さ8.2m、幅22.5m、厚さ60cmという驚くべき大きさで、かつてはギネスブックに世界最大のアクリルパネルとして記録されていました。
(2008年にドバイ水族館が記録を更新したようです。この手の技術は日進月歩ですね。
そっちはそっちで気になる……いつか見に行きたいなあ)

ちなみに水槽の深さ10mというのは、ジンベエザメが餌を食べる時に身体を縦に起こしても尾が底につかないようにと設計されたらしいです。

巨大水槽のすぐ傍には軽食を摂れるエリアがあります。
ゆったりと泳ぐ魚たちを眺めながらひと休み。心が安らぎます。

世界で初めてジンベエザメの多頭飼いに成功

次に、美ら海水族館は世界で初めてジンベエザメの多頭飼いに成功した水族館でもあります。
ジンベエザメはその環境の変化への弱さから、長く飼育が困難だとされてきたこともあって、繁殖や成長の過程といった学術的なことが僅かしか知られていません。
そのため、繁殖や生態についての研究に取り組む美ら海水族館は、世界から大変な注目を集めています。

深海生物からチンアナゴまで!多種多様な展示

これはもう完全に一来場者としての感想になってしまうのですが。

楽しい。

目が足りない。

深海生物

水槽に降り注いでいる光は本物の日光なんだそうです!

アクセス・入場料

入場料

大人:1,850円 (16時以降は1,290円
高校生:1,230円(16時以降は860円
小・中学生:610円(16時以降は430円
6歳以下:無料

※12月の最初の水曜・木曜は閉館日です。

交通機関

那覇空港からバス、または車で2時間程度。
バスの場合は「記念公園前」で下車します。

やんばる急行バス

筆者が思うには、那覇から向かうには「やんばる急行バス」を使うのが一番便利かと。
http://yanbaru-expressbus.com/

早くてしかも乗り換えしなくても良いので、何も考えずとりあえず美ら海水族館行きたい!という方には超おすすめ。
片道2000円程度。
私の場合は県庁北口から乗って、ずっと窓の外をぼ~っと眺めていたら着きました。
しかもその窓の外の景色というのが綺麗なんだ……
次行くときも是非使いたいと思います。

路線バスを乗り継いで行っても良いのですが、沖縄の路線バスは番号がたくさんあるので、どれに乗ったら良いの?と迷う方も多そうですね。
このあたりはまたいつか個別に記事を書けたらなあと思います。

もっと詳しい情報が欲しい方は公式ページをチェックしてみてください。
https://churaumi.okinawa/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク